□PTAポイントの計算方法について
◆ポイント制度導入の目的

それぞれのご家庭にあったかたちでPTA活動にかかわって頂くことを後押しするのが本制度の目的です。
役割ごとにポイントが定められており、児童の卒業までに目標の100ポイントを目指します。
常任委員に限らず、運動会や青南フェスタでの当日ボランティアなど、1日だけで終わる仕事などにもポイントがつきますので、奮ってご参加ください。

◆ポイント負担軽減制度

@複数児童軽減策

児童が複数いるご家庭のPTA活動はすべて、在校長子児童に加算されます。

・在校第1子の卒業までに100pt達成した場合:重年数×15ptを第2子に加算。第3子以降には適用されず。

※100ptを超過したポイントは第2子に繰越します。

・在校第1子の卒業までに100pt達成しない場合:重年数×5ptを第2子に加算。第3子以降には適用されず。

<事例:在校児童3名 - 6年生・4年生・2年生->

・第1子卒業時120pt取得済みの場合

イ→ 重年数4年×15pt=60pt
ロ→ 繰越し超過ポイント 20pt

ゆえに、第2子に計80ptが引き継がれる。第1子卒業後は第2子から第3子へ同様の計算が適用される。

・第1子卒業時85pt取得済みの場合

イ→ 重年数4年×5pt=20pt
ロ→ 繰越し超過ポイント なし

ゆえに、第2子に計20ptが引き継がれる。第1子卒業後は第2子から第3子へ同様の計算が適用される。

※複数児童軽減策は2子間にのみ有効。すなわち,3子以上が同時に在校する場合も在校長子〜次子間に適用される。

A双子の場合

児童は2名ですが、1家庭として100ptが目標です。複数児童軽減策は対象外です。

B転入生の場合

転入時の学年−1×15ptが転入時に加算されます。

例→ 3年生で転入してきた場合、(3−1)×15=30ptを加算

※1年生の転入は、転入生ポイント対象外です。

※兄弟がいる場合は、それぞれに転入生ポイントが加算されます。

C転出後、再転入の場合

転出期間が1年未満:転入生ポイント付与の対象外

転出期間が1年以上:在籍中に獲得したポイントと、Bの転入生ポイントを比較し、多い方を採用

戻る